Bitcoinの元開発者、Gavin Andresenのツイート

Bitcoinの元開発者、Gavin Andresenは、最近のつぶやきでビットコインプロジェクトに関する初期の研究の後継として、ビットコインキャッシュを効果的に記述するとコメントを発表しました。

このAndresenのツイートは「すべての人が利用できる迅速で摩擦のない分散型決済手段を提供する」というBitcoinの主な使命に高い手数料がかかるという脅威を強調し、マネー商品に必要な”コアユーティリティ(真の有用性)”について語っている事になります。
多くの人にとって、小口取引の使いやすさとアクセスの障壁の低減の促進させなければ、ただの投機商品としてビットコインは現在取引を行う際に発生する大きなコストを正当化できる個人の間でしか使われず、投資家やトレーダーによる投機的資産としてのみ採用し続けるリスクにさらされます。
このツイートは数多くの企業が料金の引き下げによりBTCよりもBCHをサポートすると発表した直後につぶやかれました。

 BitcoinとBitcoinCash討論に対するAndresenの貢献

BitcoinとBitcoinCash討論に対するAndresenの貢献は、Bitcoinの初期開発において非常に重要です。2011年、Gavin AndresenはBitcoinのリード開発者としての役割を継承するためにサトシナカモトに選ばれました。
Andresenはそれ以前にSatoshiと緊密に協力してきましたが、彼の仕事は多くの人にとってビットコインに不可欠だったとされています。2012年、Andresen氏はBitcoin 財団を設立し、その基盤にもっと焦点を当てた開発の役割を任されました。それ以来、Gavin AndresenはBitcoin Coreにおける重要性がますます高まっており、代替Bitcoinプロトコルの実装を長年サポートしてきました。
今年の初めに、Gavinは”Random Sanity Project(ランダムサニティープロジェクト)”という「各企業のCTO
(技術責任者)や開発者が致命的なRNG障害を検出(発見)し、報告するのに役立つ無料のオープンソースサービスを公開しました。
(Random Sanity Projectとは:https://www.randomsanity.org/)

最近のBitcoin Cashの価格は急騰しており、BCCは現在時点で約1750ドルで取引しており、わずか3日間で166%以上の利益を上げています。直前にも2150ドルの最高記録を樹立しました。

(引用元:bitcoin.com)