2018年9月2日にシャヴカト・ミルズィヤエフ大統領から出された新しい大統領令は、ウズベキスタンにおける仮想通貨の取引を合法化するというものだ。この文書では、仮想通貨関連の収入に課税されないこと、仮想通貨と外国の法定通貨の通貨交換は既存の外貨規制の対象ではなく、仮想通貨取引は国内の警備や取引規制の対象ではないと述べている。ただし、ウズベキスタンで事業を行うためには、外国の取引プラットフォームは地元の子会社を設立し、関連する法律を遵守する必要があります。

文章によれば、『仮想通貨の資産の流通と暗号取引プラットフォームの活動は、特別な規範的行為によって規制され、証券や伝統的な取引所の活動に現在適用されている法律の対象とはならない』としています。

ウズベキスタンは暗号交換と取引を合法化する犯罪行為からの収入とテロ資金供与の合法化に対処するための規則の遵守に関しては、ライセンス機関、大統領のもとでのプロジェクト管理のための政府機関、および他の関連する州の機関によって実施されます。

暗号交換活動のライセンスは、ウズベキスタンに子会社やその他の企業を設立した外国の法人にのみ発行されることになっています。

もう1つの重要な側面は、非営利団体を含む法人および個人の営業活動が、税金の対象とならないことです。これらの取引の結果として受け取った収益は、税金およびその他の義務的支払いを計算するために使用された基本収益には含まれまれません。

この法律により、多くの投資家がウズベキスタンに集まる可能性があります。

<Bitcoin.com>
https://news.bitcoin.com/uzbekistan-legalizes-crypto-exchanges-and-trading/
<Cointelegraph>
https://jp.cointelegraph.com/news/president-of-uzbekistan-signs-decree-on-blockchain-integration-tax-exclusions-for-crypto
<BTCN>
https://btcnews.jp/2zck3xo619054/