Analyst says 94% of bitcoin’s price movement over the past 4 years can be explained by one equation./Businessinsider>

ビットコインの価格変動、94%は1つの方程式で説明可能とはどういうことなのか?

米国Fundstrat(ファンドストラット)社の共同創業者トム・リー(Tom Lee)氏は
「取引者数の2乗×平均取引価格」という極めて単純な数式で、
過去4年間のビットコインの価格変動の94%は説明できる」と述べた。

この数式は、”ネットワークの価値はネットワークを使用しているユーザー数の2乗に比例する”というメトカーフの法則に基づく。

メトカーフの法則とは?

メトカーフの法則は、インターネット、ソーシャルネットワーキング、WWWなどの通信技術やネットワークのネットワーク効果の多くを特徴づけている。
この法則は、しばしば、FAXの例を用いて描写される。


1台のFAXでは使いようがなく、各FAX機の価値はネットワーク中のFAXの総数が増えるにしたがって高まる。
なぜならば、相手先の総数が増大するからである。
アメリカ合衆国連邦通信委員会の前チェアマンReed Hundtは「インターネットのはたらきの理解には、この法則が最も役立つ」と述べている

これはFacebookなどに価値があるのと同じで、多くの人が使っているから価値が高いのだ。
1人が使っていたとしても面白くない。「ユーザー数が2倍になれば、利用価値は2倍以上になる」とリー氏。

ビットコインはこの数式による予測を上回る価格で取り引きされている。
ファンドストラット社はビットコインについて長期的には強気な姿勢を保っている。
しかし、短期的な調整が入るリスクが高くなっているとの見解を示した。

ビジネスインサイダーによるトム・リー氏へのインタビュー

リー氏:短期的に見ると、ビットコインはソーシャルネットワークに極めて似た動きをしていると我々は考えている。
つまり、そこで行われるやり取りが多ければ多いほど、価値はより高くなるという考え方だ。
短期的に見ると、2018年半ばまでにビットコインは少なくとも6000ドルに達するだろうと我々は考えている。

BI:メトカーフの法則を使用しているとのことですが、説明してもらえますか?

リー氏:メトカーフ氏はジョージ・ギルダー氏の法則をもとに、
ネットワークの価値はユーザー数の2乗という法則を考え出した。
そして、ユーザー数の2乗×平均取引価格という極めて単純な数式で、
過去4年間のビットコインの価格変動の94%は説明できる。

下図はこの数式に基づくビットコインの予想価格(水色)と実際の価格(青の点線)を示したもの。
この数式は今年半ばまでかなりの精度で一致している。

この数式には、ビットコインネットワーク上のユニークアドレスの推定数(の2乗)と1日の取り引きの推定数が必要となる。

リー氏は、この数式は「ビットコインの短期的な価格を予測する手法」となると語った。だが、これだけの精度がありながらも、短期的には少し警戒が必要としている。

[原文:Analyst says 94% of bitcoin’s price movement over the past 4 years can be explained by one equation

[インタビュー動画はこちら]※音声あり