ロンドンのスタートアップが、ビットコインとイーサリアムを使えるデビットカードを開始しています。

London Block Exchange

新興スタートアップのLondon Block Exchange(以下LBX)は 、アプリにリンクされたプリペイドカードで仮想通貨を持ち歩ける。LBXは個人投資家から200万ポンドを調達し、18年間のクレディ・スイス銀行に勤めていたベテランAdam Bryantが率いる。

仮想通貨のBitcoin、ethereum、ripple、litecoin、moneroなどを英国に流通させ、英国全体で使用することを可能にする「Dragoncard」と名づけられた、プリペイドVisaデビットカードを開始する予定です。

イギリスではどうやって使うの?

Wavecrestというイギリスのジブラルタル地方に世界貿易センターをおくプリペイドカードプロバイダーが発行するVisaカードは、ユーザーがLBX交換機を介して暗号化通貨を購入して保持できるアプリにリンクされています。顧客はカードを使用してお金を引き出すこともできます。

LBXのCEOで創業者のBen Divesは次のように述べています。

「世界の金融資本であるにもかかわらず、ロンドンは投資家が暗号通貨市場に参入し取引するのは難しい場所です。私たちは暗号通貨へのアクセスの障壁を取り除き、人々に理解してもらえる”お金の未来”を信じている。そのことに自信を持って主流に持ち込む」と語った。

LBXはこれまで、会社名を非公開にした個人投資家のコンソーシアムから200万ポンドを調達してきた。

LBXのメンバーについて

 

Ben Divestとは

今年初めにLBXを設立する前に、DivesはブレーンストーミングツールIdeaflipを設立しました。

 

 

2017年9月 – 現在 (3ヶ月)London Block Exchange CEO
2014年7月 – 現在 (3年 5ヶ月) Ideaflipの創始者
2013年3月 – 2014年4月 (1年 2ヶ月)GroupZap チーフコマーシャルオフィサー
2012年10月 – 2013年2月 (5ヶ月) イーストウエストテック ビジネスアナリストとプロジェクトマネージャー
2007年6月 – 2012年10月 (5年 5ヶ月) カーゴカルトソリューション 創業者
2003年1月 – 2007年12月 (5年)ゲストインベスト VPセールスおよびCTO
2002年12月 – 2003年5月 (6ヶ月)ヘブンリー・グループ ブランドマネージャー

Adam Bryanttとは

Ex-Credit SuisseとUBS銀行のAdam BryantがLBXの執行役員を務めています。
ブライアントはクレディ・スイス銀行で18年間、
LBXに入社する前にUBS銀行で約2年間、両銀行でマクロ・ヘッジファンド・チームを経営していました。

LBXデビットカードの手数料は?

お客様は、プラットフォーム上で仮想通貨を売買するための手数料は0.5%です。
ドラゴンカードは20ポンドの手数料を支払う。また、カード・プロバイダーのWavecrestは、ATMの引き出しにはわずかな料金を請求する予定です。

競合サービスは?

LBXは英国で暗号化カードを提供する最初の企業の1つですが、間もなく競争に直面する可能性があります。
裕福な資金を調達した外国為替のスタートアップであるRevolutは、アプリ内で 暗号化取引の能力を開発しており、消費者がプリペイドカードで通貨を使うことができます。

REVOLUTとは

海外出張が楽になる新サービス7選にも選ばれた優良アプリ。(https://www.revolut.com/jp/)

グローバルに展開する決済アプリ「Revolut」は、透明性を保った形で自分のお金を管理できるサービスで、デビットカードとしての役割を果たす。2015年7月に立ち上げられた。同社のアナリスト、ガス・グールド氏によると、すでに90種類の通貨に対応しており、外貨取引にまつわる手数料などを支払わずに済む。グールド氏によれば、ポンドやドルなどで資金をチャージしたうえ、銀行を通さずに銀行間取引レートで外為両替ができる。「ひどい為替レートで損をする羽目に合わずに済む」という。

 

もっと詳しく

クレディ・スイス銀行とは

クレディ・スイスはチューリッヒに本社を置くユニバーサル・バンクあるいは世界最大規模の金融コングロマリット。 グローバルに大規模な事業展開をする欧州系投資銀行の一角を成している。 日本においては度重なる不祥事・行政処分を受けている。プライベート・バンキング、インベストメント・バンキング、アセット・マネジメントの3部門から成り立ち、証券・投資銀行業務、富裕層向け資産管理業務、資産運用業務などを行う。 クレディ・スイス・グループAGはスイス及びニューヨークで上場。 日本では他の外資系投資銀行と同様の法人向けインベストメント・バンキングサービスを提供するほか、運用資産10億円以上を対象とする超富裕層向けプライベート・バンキングサービスを提供する。UBS・ドイツ銀行・バークレイズ・BNPパリバなどとともにグローバルに大規模な事業展開をする欧州系投資銀行の一角を成しているほか、米大手投資銀行ファースト・ボストンやドナルドソン・ラフキン&ジェンレットの買収を経て米国での地位も確固たるものとしている。[引用:wikipedia]