中国政府が禁止したのに、なぜまだ相場が上がっていたのか?

中国政府は、中国における暗号化の禁止が成功したと述べましたが、実際には違った動きをしていました。
なんと、最近の報告によると中国のトレーダ-は、実はBitcoin(BTC)への投資を継続しており、規制を回避するために可能な方法を使用しているとのことだったのです。

先月、上海証券報は、中国当局が違法暗号暗号交換プラットフォームを閉鎖するための措置を取っていると報告し、中国国民が他の国々の中で中国にサービスを提供している120以上の外国為替にアクセスするのを阻止したと報じました。

しかし、このような厄介な状況にもかかわらず、暗号化交換プラットフォームは、システムを回避し、暗号取引サービスを中国のトレーダーに提供する新しい方法を見いだしていたのです。

取引所が使用する方法の1つは、検出を避けるためにドメイン名と場所を切り替えることでした。
さらに、サーバを国外に移し、中国当局がその活動を検出して監視することは事実上不可能になっていたのです。

それでも、中国は暗号化の禁止が成功していると主張し、
可能な限り多くのICOプロジェクト、暗号化交換プラットフォーム、および暗号関連エンティティをシャットダウンするように移行したの述べていました。

なので、中国当局は国外プラットフォームの最新の警告と潜在的に増加した監視は、外国企業のものだと主張していました。

ところが、実際には中国の企業に業務を委託し、
ウェブサイトのランディングページが中国語であるこれらの取引所を監督当局によって特別な精査が行っていたのです。

中国トレーダー vs 中国政府

暗号通貨取引所が採用したトリックに加えて、中国のトレーダーはP2P取引を使用して仮想通貨取引の禁止を回避しています。

VPNの保護の下で、中国のトレーダーは、フラットマネーをテザー(USDT)に変換し、 それを暗号交換と引き換えに支払い、特にBitcoin(BTC)に送っています。

しかし、これまでは中国政府はVPNに対して何の措置も講じていませんでしたが、Bitcoin(BTC)やその他の仮想通貨に対する暗号化の禁止をさらに強めると示しています。